結構大変!?破産するメリットとデメリットとは

結構大変!?破産するメリットとデメリットとは


借金が返済できなくなってしまい自己破産を選択する人がしますが、事業や経営がうまくいかず会社も破産することがあります。破産を申請すると色々なデメリットはありそうですが、果たしてメリットもあるのでしょうか。
今回は破産のメリットとデメリットについて紹介します。

破産とは

破産は端的に言ってしまえば「財産とよべるものをすべて手放す」ことを指します。法的な言葉にすると、債務者がその債務を完済することができない状態、または、そのような状態にある場合に、債権者に対して財産を公平に配分することを目的として行われる手続です。
狭義の破産の種類として、債務者が自ら申告して破産手続きの開始の決定を受ける「自己破産」、会社役員が自分の会社の破産手続開始の申し立てを行って破産手続開始の決定を受ける「準自己破産」、債権者の申立てにより破産手続開始の決定を受ける「債権者破産」に分けることができます。

自己破産のメリット

まずは、あまりイメージのしにくい自己破産のメリットについてです。最大のメリットは「債務が免除され、借金がゼロになること」です。破産手続きがはじまると取り立ても規制されるので、しっかり落ち着いて問題の解決に進むことができます。
注意点としては自己破産が認められないケースがいくつかあり、ギャンブルや浪費が原因で大きな借金をした場合などは自己破産ができない典型的な例になります。

自己破産のデメリット

自己破産は認められば借金が免除されるだけあって、人によってはデメリットもなかなか厳しく感じるものがあります。自己破産で有名なのは「ブラックリストに名前が載ること」で、これは実際にそういったリストがあるわけではなく、信用情報機関によって管理されているデータに自己破産の経験が記載されることを指します。だいたい7~10年ほどの間は記載され続けるので、変わった方法をとらないかぎりは新規でカードの発行や借り入れをすることができません。
また、破産が確定すると最低限の生活に必要なもの以外はすべて処分しなければならず、持ち家なども含まれるので本当に財産がない状態になります。この他にもあまり最近では名前を聞かないかもしれませんが、国が発行する「官報」に名前が載せられることなどもあるので、メリットだけでなくデメリットの重さについても考えてから自己破産の決断をしましょう。

会社が破産する場合のメリット

会社の破産、つまり準自己破産の場合もメリットは同じで、債務が免除されるので資金繰りなどに奔走することがなくなります。また、債権者が複数いる場合は会社の財産が平等に分配されるので、余計な混乱を防ぐことができます。

会社が破産する場合のデメリット

メリットは自己破産と同じでしたが、デメリットに関しては準自己破産の方が被害にあう人数や金額などが桁違いになるケースが多いです。会社がなくなることになるので取締役や役員などの肩書は消え、顧客や社会的な信用度もかなり低下します。従業員は前もって会社の破産を知っていれば再就職に向かって動くこともできますが、しばらく職のない状態になってしまいます。
また、破産した会社に依存していたり、提携していたりした会社はかなりの経済的な損失を被ることになり、依存度が高い零細企業だと連鎖倒産することもあります。会社が破産することで資金繰りや債務の取り立てからは解放されますが、それ以上に把握できない範囲にまで迷惑をかけることになることを覚えておきましょう。

おわりに

今回は破産のメリットとデメリットについて紹介しました。
多額の債務を抱えている人にとっては免除されることはかなりのメリットになりますが、それに見合っただけのデメリットもしっかりついてくることを忘れないようにしましょう。

The following two tabs change content below.
会社復活マン

会社復活マン

もしかしたら来月倒産してしまうかも・・・!そんな社長さんのためのブログサイトを作ってみました。毎日どこかで倒産は起こっていますが、現代社会はその理由も様々・・・責任ある立場だからこそ守りたいものを守るための情報を提供していきます。